NOSAI長崎|長崎県農業共済組合連合会

農作物共済

加入できるのは

水稲・麦をあわせて10アール以上耕作している農家は、組合員としての資格を持ち、加入の対象となります。

引受けの方法は

本県では、一筆単位引受方式(一筆方式)、農家単位の全相殺方式、半相殺方式、災害収入共済方式、地域インデックス方式を実施しています。

一筆方式

耕地一筆ごとに基準収穫量を定め、その3割を超える減収があった場合に、一筆ごとに共済金が支払われる方式。

半相殺方式

被害耕地ごとの減収量の合計が、その農家の基準収穫量の2割を超える減収があった場合に、共済金が支払われる方式。

全相殺方式

農家ごとの減収量がその農家の基準収穫量の1割を超えた場合に共済金が支払われる方式。

災害収入共済方式

農家ごとに減収・品質低下による生産金額が基準生産金額の1割を超える場合に、共済金が支払われる方式。ただし、麦の実施に限られており、全量をJA等に出荷し、一定期間の出荷実績が得られる等の条件が必要です。

地域インデックス方式

統計単位地域ごとに、その年の統計単収が基準単収を下回る場合、その減収量を用いて共済金が支払われる方式。

対象となる災害は

風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含む。)による災害、病虫害、鳥獣害、火災です。

共済責任期間は

水稲:
移植期から収穫期まで(ほ場乾燥中のものを含みます)
水稲 共済責任期間 イメージ
麦:
発芽期から収穫期まで(ほ場乾燥中のものを含みます)
麦 共済責任期間 イメージ

補償金額(共済金額)は

共済金額は、共済目的(水稲・麦)が責任期間内において、共済事故によって損害が生じた場合に組合等が支払う共済金の最高限度額のことです。
共済金額を算定する式は次のとおりです。

一筆方式
耕地ごと

共済金額={耕地ごとの基準収穫量×7割(6割、5割で選択)}×1kg当り共済金額

半相殺方式
組合員ごと

共済金額={農家の耕地ごとの基準収穫量の合計×8割(7割、6割で選択)}×1kg当り共済金額

全相殺方式
組合員ごと

共済金額={農家の基準収穫量の合計×9割(8割、7割で選択)}×1Kg当り共済金額

災害収入共済方式
組合員ごと

共済金額=基準生産金額×補償割合(4~9割の範囲で農家が申し出)

地域インデックス方式
組合員ごと統計単位地域ごと

共済金額={統計単位地域ごとの基準収穫量×9割(8割、7割で選択)}×1kg当り共済金額
※1kg当たり共済金額(前年産米の政府購入価格を基準として、毎年2種類以上の金額が定められており、その中から選択される金額。)

共済掛金は

共済掛金の水稲50%、麦50~55%を国が負担しています。
農家負担共済掛金=共済金額×共済掛金率-国の負担額
※共済掛金率(過去20年間の被害実績をもとに、個人ごとに定められています。)

共済金の支払いは

農家から損害通知をもとに、組合・連合会の損害評価を行い、その結果をもとに算出されます。

一筆方式・半相殺方式

共済金=共済減収量×1kg当り共済金額

一筆方式

共済減収量=基準収穫量×7割-実収穫量

半相殺方式

共済減収量=減収量-基準収穫量×2割

全相殺方式

共済金=(農家の減収量-基準収穫量×1割)×1kg当り共済金額

災害収入共済方式

共済金=(共済限度額-生産金額)×(共済金額/共済限度額)

地域インデックス方式

共済金={(基準単収-統計単収)×面積-支払開始減収量}×1kg当り共済金額

引受から支払いまでの計算例

一筆方式の場合

10アールの水田を耕作しており、この水稲の基準収穫量が457kg、1kg当たり共済金額250円、掛金率7.7%で、国の負担割合が50%だったとすると
引受から支払いまでの計算 イメージ01
このうち国の負担分が6,160円-3,080円=3,080円
この水田が被害にかかり、実収穫量が120kgと見積もられた場合
引受から支払いまでの計算 イメージ02