NOSAI長崎|長崎県農業共済組合連合会


家畜共済

加入できるのは

家畜の種類ごとに全頭加入(包括共済)が条件です。

乳 牛
繁殖和牛
子牛及び成牛並びに加入期間中に受精後240日に達する可能性のある胎児
肥育牛 子牛及び成牛
明け2歳以上
種豚 繁殖用の豚で出生後第5月の末日を過ぎたもの
肉豚 肥育を目的とする豚で出生後第20日の日、その日に離乳していないときは離乳した日を過ぎたもの
※種雄牛と種雄馬については1頭ごとに加入するようになっています。(個別共済)

責任期間は

共済掛金を払い込んだ日の翌日から1年間です。(ただし群単位引受方式の肉豚は出生第8月の末日まで)

※異動で途中加入したものは、当初加入の責任満了日まで。

補償金額(共済金額)は

共済価格の2割(肉豚は4割)~8割の範囲内で農家が申し込んだ金額です。

※共済価額とは、家畜の種類ごとに農家の飼っている家畜の評価額を合計したものです。(家畜の評価額は、市場価格を基準に設定されます。)

共済掛金は

国の負担の場合は家畜の種類によって異なります。
掛金は税金の控除があり節税になります。

農家負担共済掛金=共済金額×共済掛金率-国の負担額

国の負担の割合は家畜の種類によって異なります。(これには上限があります)

異動があったら組合へ連絡を

家畜の異動があったり、事故が発生したら必ず組合へ知らせて下さい。

異動 家畜を買った / 家畜を売った / 加入できる月齢になった / 子牛が生まれた
事故の発生 家畜が死亡した / 死産・廃用 / 家畜が病気・ケガをした

共済金の支払いは

死廃事故

  • ・加入家畜が死亡したとき(授精後240日以上経過した胎児の死産を含む。)
  • ・獣医師がまもなく死亡すると診断したとき、治療しても治らないと診断したとき(廃用)
  • ・盗難、谷や井戸に落ち、救い出せないとき

標準的な共済金

共済金=(事故になった家畜の価額-肉代等)×(加入共済金額/加入資格全頭の価額)

※ただし肉代は事故家畜価格の1/2が限度です。

病傷事故

加入家畜が病気やけがをしたときは初診料を除き、無料で診療が受けられます。これは共済金額に応じて、無料で診療を受けられる限度額が定められています。
その限度額を超えた診療費については、農家の負担となります。

ご注意下さい!

こんなときは、共済金が支払われなかったり、減額される場合があります。

  • ・事故(死亡、廃用、病気、けが等)がおこったことを組合に通知しなかったとき。
  • ・異動の通知がなかった家畜に事故がおこったとき。
  • ・新規加入や導入してから2週間以内に死亡、廃用及び病気になったとき。
  • ・支払限度額を超えたとき。(死廃共済金支払限度額が設定された高被害率の農家については、限度額までしか支払われません。

損害防止事業

事故の発生を未然に防ぎ、損害の拡大をおさえるために特定損害防止事業と一般損害防止事業を行います。
経費は国、県、連合会、組合で負担しています。