NOSAI長崎|長崎県農業共済組合連合会


畑作物共済

加入できるのは

一定規模以上耕作している農家は加入の対象となります。栽培している全耕地を加入していただくことが条件となっています。

対象となる災害は

風水害、干害、冷害、ひょう害、その他の気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害です。
肥培管理などの不良による減収は共済金支払いの対象から除かれます。

共済責任期間は

発芽期から収穫期までです。

加入申し込み期間は

大  豆

6月1日~6月20日

補償金額(共済金額)は

共済金額は、共済目的(ばれいしょ・大豆)が共済責任期間内において、共済事故によって損害が生じた場合に、支払う共済金の最高限度のことです。

共済金額=引受収量×1kg当たり共済金額

一筆方式
耕地ごと(大豆)

引受収量=耕地ごとの基準収穫量×7割

半相殺方式
組合員ごと(大豆)

引受収量=農家の耕地ごとの基準収穫量の計×8割

全相殺方式
組合員ごと(ばれいしょ・大豆)

引受収量=農家の耕地ごとの基準収穫量の計×8割

共済掛金は

共済掛金の55%を国が負担し、残り45%が農家の負担掛金となります。掛金は税金の控除があり節税となります。

農家負担共済掛金=共済金額×共済掛金率-国の負担額(55%)

共済金の支払いは

農家からの損害通知をもとに、組合、連合会の損害評価を行い、その結果をもとに算出されます。

共済金=共済減収量×1kg当たり共済金額

お支払いする共済金は次の方法で算出されます。

一筆方式

共済減収量=(基準収穫量×7割)-実収穫量

※被害耕地ごとに減収量が耕地ごとの基準収穫量の3割を超えた場合。

半相殺方式

共済減収量=減収量ー(基準収穫量×2割)

※被害耕地ごとの減収量の合計が、その農家の耕地ごとの基準収穫量の合計の2割を超えた場合。

全相殺方式

共済減収量=減収量-(基準収穫量×1割)

※農家の減収量(基準収穫量から全耕地の収穫量を差し引いた量)が、その農家の耕地ごとの基準収穫量の合計の2割を超えた場合。