NOSAI長崎|長崎県農業共済組合連合会


園芸施設共済

加入できるのは

温室、プラスチックハウス、雨よけハウス、多目的ネットハウスなどの施設園芸用のハウスで、設置面積が一定規模以上のものです。
施設と一緒に内容農作物及び附帯施設も加入できます。また、復旧費用・撤去費用共済金補償の申し込みもできます。

※国や県の補助・融資で事業により設置されたハウスは加入が義務づけられています。
※所有している施設は全棟加入しなければなりません。
※施設内作物において台風などの自然災害のみを対象とする病害虫事故除外方式を選択することもできます。

対象となる災害は

  • ・風水害、ひょう害、雪害、地震その他気象上の原因による災害
  • ・火災、破裂、爆発(機械の故障が原因の場合は除きます)
  • ・航空機の墜落、車両の衝突等
  • ・病虫害(ただし、病虫害事故除外方式に加入している場合は除きます)、鳥獣害
※病虫害の場合には、防除の難易度により30~100%の間で免責があります。

共済責任期間は

補償期間は1年間となります。ビニールを被覆しない期間はハウス本体を補償します。被覆期間と未被覆期間の掛金率がそれぞれに設定されます。

補償金額は

共済価格(時価額)に、最低4割~最高8割の範囲内で農家が選択した場合(付保割合)を乗じて得た金額です。
長崎県の場合、付保割合は8割での加入をお勧めします。

補償金額(共済金額)

=共済価額×付保割合(8割)

本体・付帯施設の補償金額

=時価額×付保割合(8割)

復旧費用の補償金額

=本体の再建築価額×調整率×付保割合+付帯施設の再取得価額×調整率×付保割合

※調整率により施設の補償額を耐用年数内であれば、再建築(取得)価額100%、経過後であれば75%に増額できます。

撤去費用の補償額

  • =鉄骨以外のハウス10a当り29万円×付保割合(8割)
  • =鉄骨ハウス10a当り88万円×付保割合(8割)
  • =ガラス室ハウス10a当り120万円×付保割合(8割)

※施設内作物の補償金額は生産費の補償となっており、葉菜類・果菜類・花卉類の区分で補償額を算出します。

共済掛金は

共済掛金の50%を国が負担し、残り50%が農家の負担掛金となります。掛金は税金の控除対象となり節税となります。申請いただいた被覆期間・未被覆期間を基に共済掛金を計算します。

農家負担共済掛金=共済金額×共済掛金率×(補償期間/12)-国の負担額(50%)
※加入者ごとの被害率に応じ、公平性を確保するため、共済掛金率は、個人別危険段階共済掛金率を設けています。
※復旧費用共済金補償については、国の負担はありません。

共済金の支払いは

共済金支払対象となる損害額を選択できます。

 ①3万円又は共済価額の5%を超える損害

 ②10万円を超える損害

 ③20万円を超える損害

②、③を選択した場合には、掛金の割引があります。

共済金=損害額×付保割合(8割)

復旧費用共済金

施設の修復・再建築・設置等が完了した場合に支払われます。

復旧費用共済金=価額×調整率×損害割合×付保割合

撤去費用共済金

ガラス室は35%の損害程度か撤去費用が100万円以上、パイプハウス・鉄骨ハウスの場合は50%以上の損害程度か撤去費用が100万円以上の場合に限られます。

撤去費用共済金=価格×損害割合×付保割合

ご注意下さい!

こんなときには共済金は支払われません。

  • 1. 生理障害・薬害等による施設内農作物の被害。
  • 2. 故意または重大な過失によって生じた障害。
  • 3. 排水施設が十分でないところに設置されている施設内農作物の湿潤害。
  • 4. 栽培期間外や土壌消毒期間外のビニール被害。
  • 5. ビニールのずれ落ちやめくれにより、ビニールに被害がない場合。
  • 6. 被覆期間の変更を行わず、未被覆期間中に被害をうけた場合。